株式会社環境計量センター > 大気・作業環境 > 作業環境測定 > 溶接ヒュームに関するフィットテスト

溶接ヒュームに関するフィットテスト


フィットテストとは、顔にしっかりマスクが装着されているかどうかを、測定器を使用して確認するテストになります。
金属アーク溶接等で発生する『溶接ヒューム』は、金属が熱によって蒸気となり、空気中で冷やされ微細な粒子となったものです。
溶接ヒュームのサイズは、0.1μmと目に見えないサイズとなり、対応しているマスクを装着したとしても、わずかな隙間があると吸い込んでしまう可能性があります。
溶接ヒュームを吸い込んでしまうと、神経障害等の健康障害を及ぼすおそれがあります。
作業者の健康を守るマスクがしっかり機能を果たしているか確認が重要となり、特定化学物質障害予防規則にてフィットテストを行うことが定められました。

特定化学物質障害予防規則の第三十八条の二十一の七項に
事業者は、前項の呼吸用保護具(面体を有するものに限る。)を使用させるときは、一年以内ごとに一回、定期に、当該呼吸用保護具が適切に装着されていることを厚生労働大臣の定める方法により確認し、その結果を記録し、これを三年間保存しなければならない。
とされています。
フィットテストについては、令和5年4月1日施行となります。

フィットテストは、面体を有する呼吸用保護具が対象となります。
フィットテストの対象となる呼吸用保護具は以下の通りです。
・取替え式防じんマスク
・使い捨て式防じんマスク
・防毒マスク
・面体形電動ファン付き呼吸用保護具
・面体形有毒ガス用電動ファン付き呼吸用保護具
・面体を有するホースマスク(肺力吸引形、手動送風機形、電動送風機形)
・面体を有するエアラインマスク(一定流量形、デマンド形、プレッシャデマンド形)
・空気呼吸器(デマンド形、プレッシャデマンド形)
・循環式呼吸器(酸素発生形、圧縮酸素形)

主な業務内容

当社では、溶接ヒュームの個人暴露測定や、呼吸用保護具のフィットテストを行っております。

●業務内容
フィットテスト
・溶接ヒュームの個人暴露測定
・呼吸用保護具のフィットテスト

フィットテストの出張範囲は、静岡県、山梨県、神奈川県、長野県、東京都、埼玉県を対象としております。
その他の地域につきましては、お問い合わせ下さい。

呼吸用保護具のフィットテストの関連情報

●フィットテストに使用する測定器
当社では、日本製のAccuFIT9000PROを使用して、フィットテストを行っております。
フィットテストを行う測定器のスペックは下記の通りとなります。
フィットテスト
測定原理:CNC(凝縮核計数器)
OSHA(米国労働安全衛生局):準拠
測定時間:4工程(2分29秒+α)
OSHA準拠短縮プロトコル:プログラム済み
分級機能:分級機能あり
最小計数粒径サイズ:15㎚
 
 
 
 
●関連法令等
厚生労働省 令和2年4月の特定化学物質障害予防規則・作業環境測定基準等の改正
厚生労働省 金属アーク溶接等作業について健康障害防止措置が義務付けられます(屋内作業場での継続作業)
e-Gov(イーガブ) 特定化学物質障害予防規則(金属アーク溶接等作業に係る措置)